キャッシング延滞お金借りれる?

キャッシング延滞していてもお金借りれる?

 

銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りる際、最も注意しなければならないことが、「金融事故を起こさない」ということです。

 

万が一事故を起こしてしまったならば、金融機関に迷惑をかけてしまうだけでは留まらず、自分自身へも決して少なくないダメージを負ってしまうことになるからです。

 

特に注意したいのが、「キャッシング延滞」です。基本的に、毎月の返済日には贈れないようにしなければなりません。これは、お金を借りたものが果たさなければならない責任の一つですので、それを守れないようでは、信用情報に傷がついてしまったとしても文句は言えません。

 

そして、信用情報に傷がついてしまうと、これから先、金融機関からお金を借りることが非常に難しくなります。

 

もちろん、事故情報には「時効」がありますので、その期間を過ぎれば再び利用することも可能なのですが、この情報が消えるまではなかなかお金を貸してもらうことができなくなってしまいます。

 

しかし、ついうっかり返済日を忘れてしまった、という経験を持つ方も少なからずいらっしゃることと思います。そして、それが積み重なった結果、所謂「ブラック債務者」になってしまう方もいらっしゃることでしょう。

 

ブラック債務者になってしまうと、時効が過ぎるまでは基本的に金融機関からお金を借りることができません。ですが、どうしても給料日前にお金が必要になってしまうこと、例えば急なお葬式などが入ってしまうこともあるでしょう。

 

「お金が必要なのに、どこも貸してくれない」と悲嘆に暮れてしまう方もいらっしゃるかもしれません。もしそのような状況に陥ってしまった場合には、大手の消費者金融ではなく、中小規模の会社を当たってみることも一つの手段であると言えます。

 

中小消費者金融であれば、たとえ他社で延滞していようと、多重債務であろうと対応してくれる業者は少なくありません。

 

ですが、「ブラックでも借りることができる消費者金融」にマイナスイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。例えば、法外な金利であるとか、家や職場に怖いお兄さんたちが取り立てに来たり、などを思い浮かべる方も少なくないと思います。

 

ですが、それは映画やドラマでのお話です。現実には金利の上限は定められていますので、法外な金利を掛けられることもありませんし、取り立てがくることもありません。法律で禁止されていますので、まずありえません。

 

中小の消費者金融の場合、大手消費者金融や銀行系のローンとは全く違う、独自の審査方法で審査を行う会社が多いのです。ですから、大手消費者金融の審査を通ることができなくても、審査に通ることができる可能性は十分にあります。

 

たとえ今現在他社の借入で返済していない所があったとしても、中小であればキャッシングやおまとめローンができるところもたくさんあります。

 

他にも、自己破産した方や専業主婦、パート・アルバイト、年金受給者、多重債務者であっても融資を受けることができる可能性は高いのです。中小の消費者金融の場合、信用情報にある程度の金融事故があったとしても、大手消費者金融とは異なり、そこまで審査は徹底していません。ですから、ブラック債務者の方々にとっては、ねらい目であると言えるでしょう。

 

キャッシングといえば沢山CMや広告を打っている大手の消費者金融や銀行で、という印象をお持ちの方がほとんどではないでしょうか。しかし、銀行系は審査が厳しくなかなか融資を受けることができませんし、銀行系よりも審査が緩いとされる大手の消費者金融であっても、金融事故を起こした方は、まず審査に受かることはできません。

 

ですから、中小消費者金融を抜いて、借りやすいキャッシングは今のところないと言えます。上手に利用すれば心強い味方になりますので、もしもの際には利用の検討をしてみましょう。